高槻・鶴橋・神戸の3駅3ホームにホームドア 高槻と鶴橋は全ホーム設置完了

JR西日本は2月16日、関西エリアの3駅3ホームで整備中のホームドアを2月19日から3月5日にかけて順次、使用開始すると発表した。

JR総持寺駅に設置されているホームドア。【撮影:草町義和】

ホームドアの使用を開始するのは、東海道本線・高槻駅(大阪府高槻市)の3番線ホームと大阪環状線・鶴橋駅(大阪市天王寺区)の2番線ホーム、東海道本線・山陽本線の神戸駅2番線ホーム。

高槻駅3番線ホームは2月19日の始発から使用開始する。これにより同駅にあるすべてのホーム(1~6番線)でホームドアの設置が完了する。鶴橋駅も昨年2020年11月に1番線ホームのホームドアの使用を開始しており、残る2番線ホームのホームドアは今年2021年2月25日の始発から使用開始する。

高槻駅に設置されている昇降式(ロープ式)ホームドア。【撮影:草町義和】

神戸駅の2番線ホームは、ロープが上下に動く昇降式ホームが設置され、3月5日の始発から使用開始の予定。同駅では昨年2020年12月に5番線ホームにも昇降式ホームドアが設置されている。

関連記事

ページ上部へ戻る