房総エリアで新型「E131系」運転開始、内房・外房直通も JR東日本2021年3月13日ダイヤ改正

房総エリアの普通列車用として新型車両のE131系電車を導入するほか、ワンマン運転を実施する。ワンマン運転の列車では、乗客自身がボタン操作でドアを開閉する半自動ドア機能を使用する。

房総エリアに導入される新型車両のE131系。【画像:Jun Kaida/PIXTA】

この改正では日中帯を中心に、内房線の木更津駅から安房鴨川駅を経由して外房線の上総一ノ宮駅まで直通運転を実施。直通列車はE131系によるワンマン運転を行う。

これに伴い、外房線の千葉・蘇我方面と大原・勝浦・安房鴨川方面を利用する場合、日中帯を中心に上総一ノ宮駅での乗り換えに変わる。朝と夕夜間帯の一部列車は、内房線の君津駅、外房線の上総一ノ宮駅を直通する。

このほか、内房線で上総湊発着列車の増発や、夜間の君津駅での接続改善を行う。外房線では朝の京葉線直通列車の時刻見直しや、夜間の上総一ノ宮駅での接続改善を行う。鹿島線では佐原~鹿島神宮間でE131系によるワンマン運転を開始する。

総武線各駅停車は、終電時刻の繰り上げと一部の始発時刻の繰り下げを行う。京葉線でも終電時刻の繰り上げを行う。

特急列車は「成田エクスプレス」の一部で利用状況にあわせた運転区間の見直しを実施。現在の「3・7・50・52号」は運転区間が現在の高尾~成田空港間から八王子~成田空港間に短縮される一方、「8号」は現在の成田空港→新宿間が成田空港→池袋間に変更される。「わかしお」は土曜・休日、5両編成で運転している列車について、指定席を1両増やして3両に、自由席を1両減らして2両にする。

関連記事

ページ上部へ戻る