東北新幹線・盛岡~新青森間の320km/h化工事に着手 上野~大宮間は来春アップへ

LINEで送る
Pocket

JR東日本は10月6日、東北新幹線・盛岡~新青森間の最高速度を320km/hに引き上げるための工事に、今月10月から着手すると発表した。上野~大宮間では来年2021年春に速度向上を図る。

東北新幹線の新青森駅。【撮影:草町義和】

盛岡~新青森間の最高速度は現在260km/hだが、北海道新幹線の札幌延伸開業に向けて320km/hに引き上げることが構想されており、JR東日本が工事計画の概要を発表した。

それによると、吸音板を計約1.3kmに設置するほか、防音壁のかさ上げの計約3.6kmで実施。トンネル緩衝工の延伸も計約24カ所で実施する。工事期間はおおむね7年程度の予定。所要時間は最大で5分程度短縮されるという。

最高速度が110km/hに抑えられている上野~大宮間では、埼玉県内で130km/hに引き上げるための騒音対策などの地上設備工事が完了することから、来年2021年春のダイヤ変更を予定している。最大で1分程度の所要時間の短縮になるという。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る