関西~淡路島の高速バスが洲本温泉直行、島内乗降も 10月改正、往復+フリー切符発売

LINEで送る
Pocket

西日本JRバスと本四海峡バスは9月18日、関西と淡路島を結ぶ高速バスの大阪・神戸~洲本線で、ダイヤ改正を実施すると発表した。洲本温泉街への直行便が運行を開始。高速バスの往復と淡路島内のバス乗り放題がセットになった切符も発売される。

西日本JRバス(左)と本四海峡バス。【画像:西日本JRバス】

ダイヤ改正は10月1日に実施。洲本温泉街への直行便「かけはし洲本温泉号」「NARUTO 洲本温泉号」の運行が始まる。洲本温泉街には、海月館前・夢海游淡路島前・淡路島観光ホテル前・ホテルニューアワジ前・淡路夢泉景前・エクシブ淡路島前・淡路インターナショナルホテル ザ・サンプラザ前の各停留所が新設される。

洲本温泉街への直行便は2往復で、淡路島内のニジゲンノモリ~洲本温泉間での乗降も可能(洲本バスセンター~洲本温泉間は除く)。ほかに大阪・神戸~洲本間の4往復も、ニジゲンノモリ~洲本バスセンター間での乗降が可能になる。

おもな区間の運賃は、大阪駅JR高速バスターミナル~洲本温泉間が2390円。三宮バスターミナル(神戸)~洲本温泉間が1890円。淡路島内のみの運賃は、淡路インター~洲本バスセンター間が1380円だ。

ダイヤ改正にあわせ、10月1日から「バス旅ひょうご 北淡路バス乗り放題きっぷ」が発売される。大阪・神戸~洲本温泉間の高速バス往復乗車券と、北淡路エリアの淡路市生活観光バス「あわ神あわ姫バス」の乗り放題がセットになったもの。発売額は大阪発着(JRなんば・大阪駅・伊丹空港)が4400円、神戸発着(神戸空港・新神戸駅・三宮バスターミナル)が3500円になる。有効期間は2日間。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る