阪神電鉄が快速急行を強化 2020年3月14日ダイヤ改正で

阪神電気鉄道(阪神電鉄)は12月20日、ダイヤ改正を2020年3月14日に実施すると発表した。全線の改正は4年ぶり。阪神本線~阪神なんば線~近鉄奈良線経由で神戸三宮~近鉄奈良間を結ぶ快速急行の増強を行う。

阪神電鉄と近鉄の相互直通運転で神戸三宮~近鉄奈良間を結んでいる快速急行。【撮影:草町義和】

阪神本線では、土休日のほぼすべての時間帯で6両編成の快速急行を増強し、8両編成で運行する。神戸三宮~近鉄奈良間の所要時間も短縮され、土休日は平均4分の短縮となる。

このほか、平日と土休日の朝・夕方の時間帯も快速急行の増発や運転区間の拡大などを行う。

これ以外の改正内容は2020年1月下旬にも発表される見込みだ。

関連記事

ページ上部へ戻る