西武鉄道001系「ラビュー」ブルーリボン受賞のキャンペーン 「青い記念ロゴ」制定

西武鉄道は8月20日、001系特急型電車「ラビュー」のブルーリボン賞受賞記念キャンペーンを実施すると発表した。10月に「受賞式」が行われる。

西武鉄道の新型特急「ラビュー」。【撮影:未来鉄道データベース運営部(K)】

「受賞式」は10月25日、西武球場前駅構内で開催される予定。西武鉄道は「受賞式」に参加するツアーを実施するほか、「受賞式」の様子を後日、動画で配信する予定だ。記念切符や記念グッズの販売、スタンプラリーの実施なども検討しているという。

キャンペーンの開催を受け、西武鉄道はブルーリボン賞の受賞記念ロゴを制定した。「ラビュー」を設計した妹島和世建築設計事務所が監修。キャンペーンのシンボルロゴとして活用する。同事務所は「『001系』という『ラビュー』の車両形式には、これからの100年を示す『001』と『00』には『∞(無限)』の可能性の意味が込められています。その思いをこの度いただいたブルーのリボンで表現しました」としている。

001系は2019年3月にデビューした新型特急車両。今年2020年にブルーリボン賞を受賞した。鉄道車両のブルーリボン賞は、鉄道趣味団体「鉄道友の会」が毎年1回、前年中に営業運転に就いた新型車、もしくは新型車と見なせる改造車の中から選んでいる賞。会員の投票結果に基づいて選考委員会が審議し、最優秀と認めた車両を選定している。

ブルーリボン賞の受賞記念ロゴ。【画像:西武鉄道】

関連記事

ページ上部へ戻る