JR渋谷駅の中央東改札、1月29日から使用開始 銀座線への乗り換えを改善

LINEで送る
Pocket

JR東日本は1月14日、渋谷駅で整備を進めてきた中央東改札を1月29日12時から使用開始すると発表した。

中央東改札の位置。【画像:JR東日本】

自動改札が6通路設けられるほか、乗り越し精算機やチャージ専用機(改札外)も設けられる。所定の営業時間は6時30分から翌日1時まで。

同社や東急電鉄、東京地下鉄(東京メトロ)などは、渋谷駅の大規模改良工事や駅周辺の再開発を進めており、1月3日には東京メトロ銀座線が新しいホームに変わった。

中央東改札の新設により、銀座線への乗り換え利便性の向上と段差の解消されるほか、2019年11月1日にオープンした渋谷スクランブルスクエア(東棟)へのアクセスも改善される。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る