JR九州の新観光列車「36ぷらす3」公開 787系改造、17年ぶり復活ビュッフェに個室や畳敷き

LINEで送る
Pocket

JR九州は9月29日、小倉総合車両センター(北九州市小倉北区)で新しい観光列車「36ぷらす3(さんじゅうろくぷらすさん)」の専用車両を報道陣に公開した。10月16日から運行を始める。

観光列車「36ぷらす3」用として改造された787系。【撮影:鉄道プレスネット編集部】

「36ぷらす3」の「36」は、世界で36番目に大きい島とされる九州を意味する数字。「3」は客・地域住民・JR九州の3者を意味している。JR九州は36+3=39で「サンキュー=感謝」の輪を広げたいという思いを込めたとしている。専用車両は787系特急型電車のBM-15編成を改造した6両編成で、全体の定員は約110人。車体は黒のメタリックをベースにしている。

車両番号は次の通り。編成番号はBM-363編成に変更され、各車両の番号も「363」で統一されている。

編成番号の「BM-363」の文字が先頭部の左下に見える。【撮影:鉄道プレスネット編集部】

1号車:クモロ787-363
2号車:モロ786-363
3号車:サロシ786-363
4号車:サロ787-363
5号車:モロ787-363
6号車:クモロ786-363

車内設備は1・2号車がグリーン個室、3号車がグリーン個室とビュッフェの合造車、4号車が多目的に利用できる「マルチカー」、5・6号車はグリーン車になる。1号車と6号車の床は畳敷きだ。グリーン個室は2~6人用で、このうち2人用は車椅子対応席になる。

1・2号車は通路を片側に寄せて個室のスペースを広く取っている。【撮影:鉄道プレスネット編集部】
3号車の個室は通路両側に2人用個室を設けている。【撮影:鉄道プレスネット編集部】

787系は導入時にビュッフェを設けていたが、2003年までに営業を終了して座席車に改造されたため、今回のビュッフェ設置は17年ぶりの復活になる。

3号車は787系の設備としては17年ぶりに復活したビュッフェもある。【撮影:鉄道プレスネット編集部】
4号車は共用スペースの「マルチカー」。【撮影:鉄道プレスネット編集部】
5・6号車はグリーン車。【撮影:鉄道プレスネット編集部】
グリーン個室の1号車とグリーン車の6号車は床が畳敷きになっている。【撮影:鉄道プレスネット編集部】

「36ぷらす3」は、運行区間を1日ごとに区切って九州を1周。火・水曜日を除く1週間で九州全県を回る。

各曜日の運行区間は、木曜日が博多→鹿児島中央間、金曜日が鹿児島中央→宮崎間、土曜日が宮崎空港・宮崎→大分・別府間、日曜日が大分・別府→小倉・博多間、月曜日は博多→長崎間と長崎→博多間。切符や旅行商品も各区間ごとに分けて発売される。

小倉総合車両センターで完成披露式が行われた。【撮影:鉄道プレスネット編集部】

当初は10月15日、博多→鹿児島中央間から運行を開始する予定だったが、途中通る肥薩おれんじ鉄道線が2020年7月豪雨の影響で一部不通のため、木曜日の運行は当面見合わせる。このため、一番列車は10月16日の鹿児島中央→宮崎間になる。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る