京成電鉄3600形リバイバルカラー車の乗車ツアー再び開催 成田空港の旧駅も訪問

LINEで送る
Pocket

京成グループの京成トラベルサービスは9月19・22日の計2日、京成線に乗車する「懐かしの京成電車ツアー」「京成電車 今昔ツアー」を実施する。

京成3600形のリバイバルカラー車。【撮影:草町義和】

9月19日「懐かしの京成電車ツアー」は、京成上野駅を12時頃に出発。京成電鉄の営業車両としては最も古い3500形電車に乗って、成田スカイアクセス線経由で成田国際空港の空港第2ビル駅に向かう。同駅到着後、徒歩で東成田駅へ。3500形に次いで古い3600形電車のうち、デビュー当時のデザインを復元したリバイバルカラー車に乗車し、八千代台駅で解散となる。

9月22日「京成電車 今昔ツアー」は、八広駅を12時頃に出発。3600形リバイバルカラー車に乗車して成田スカイアクセス線経由で空港第2ビル駅へ。東成田駅から八千代台駅まで新型車両の3100形電車に乗車する。

京成電鉄の3500形。【撮影:草町義和】
京成電鉄の3100形。【撮影:草町義和】

京成トラベルサービスは、3600形リバイバルカラー車など「昔懐かしい電車」に乗車するツアーを8月に実施。これが好評だったとして、秋の4連休期間中に同様のツアーを再度実施することにしたという。

旅行代金は各日とも大人5500円・子供5000円で、定員は各回154人。申込みは9月7日12時まで京成トラベルのウェブサイトで受け付ける。これまでは先着順で申込みを受け付けていたが、今回からは応募多数の場合は抽選制にするという。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る