東京メトロがマースアプリ タクシーアプリなどと連携、駅や列車の混雑情報も提供

東京地下鉄(東京メトロ)は8月27日、MaaS(マース)機能を搭載したスマートフォン向けの新アプリ「東京メトロmy(マイ)!アプリ」を公開した。

「マイ!アプリ」を使った経路検索(渋谷区富ヶ谷からホテルニューオータニまで)。検索結果画面の「タクシーを呼ぶ」をタップすると、タクシー配車アプリを起動する。

マースは複数の交通手段を組み合わせて一体的にサービスを提供するもの。「マイ!アプリ」は鉄道・バス・タクシー・シェアサイクルを含む経路検索機能に加え、検索結果で表示されたタクシーの配車アプリやシェアサイクルサービスと連携。検索結果から利用する交通機関の予約などをできるようにする。

このほか、運行情報や列車の走行位置などの情報を提供。列車内342区間と改札口171駅の混雑状況を確認できるサービスも提供している。

東京メトロの従来のアプリも引き続き提供され、両方とも並行して利用できるが、将来的には上書きにより統合する計画。すでに従来のアプリをインストールしている場合、東京メトロは従来のアプリも引き続き削除しないよう呼びかけている。

関連記事

ページ上部へ戻る