JR九州「新型コロナウイルス運休」定期列車に拡大 春休みの運休670本に

LINEで送る
Pocket

JR九州は3月16日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う利用者の減少を受け、九州新幹線と在来線特急列車の運休本数をさらに増やすと発表した。原則として毎日運転されている定期列車も一部運休する。

JR九州の特急「ソニック」。【撮影:草町義和】

新たに運休が決まったのは、3月20日~4月5日の春休み期間中に運転される予定だった在来線特急。「ソニック」定期列車136本と「にちりん」定期列車85本、「ハウステンボス」定期・臨時列車170本、「きらめき」定期列車7本、「かわせみ やませみ1・2号」臨時列車34本、「A列車で行こう3・4号」臨時列車14本が運休する。また、3月19日~4月5日の期間中に「きりしま」定期列車34本も運休する。

同社は3月13日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う利用者を受け、3月20日~4月5日の春休み期間中、九州新幹線と在来線特急「かもめ」「ハウステンボス」「にちりん」を一部運休すると発表。このときは臨時列車のみ計190本の運休が計画されたが、今回の発表では定期列車を含む計480本が追加され、春休み期間中の運休本数は合計670本に拡大した。今後の状況によっては運休本数がさらに増えることも考えられる。

LINEで送る
Pocket

関連記事

ページ上部へ戻る