東海道新幹線 JR東海が“繁忙期”と“閑散期”の価格差拡大の方針 社長「混雑の緩和図るため」



【関西テレビ/nordot】JR東海は、東海道新幹線の繁忙期の混雑緩和を図るため、料金の変動幅をさらに拡大する方針です。 【JR…(→もっと読む


《関連記事》
東海道新幹線N700Sに「3億円節約機能」架線電圧の低下抑えるソフト開発
京王相模原線の橋本駅「移設」前提にまちづくり検討 リニア中央新幹線の連絡駅